【間取り診断】181106 2階4LDK 42坪(4人家族)

11.072018

この記事は2分で読めます

2018年11月01日に行ったプレミアム動画間取り診断の事例紹介をいたします。

 

間取り診断概要
お名前:Sさん
家族構成:夫(30代)、妻(30代)、子供2人(2~0歳)
構造:在来軸組工法
間取り:2階建て 4LDK
面積:42.5坪
スペック:断熱等性能等級4、耐震等級3
建築会社:工務店
診断内容:日当たり、通風、断熱気密、構造、間取り、家事動線、収納、インテリア、外構
改善提案:コストダウン(2坪削減)、玄関・土間の収納、動線改善、間取り整理、窓位置、リビング変更等

 

家づくりのきっかけ

現在住んでいる借家が冬はとても寒く、子育てをするようになって住むのがしんどくなりました。第二子も妊娠して、4人家族で住みやすい暖かい家が欲しいと思ったことがきっかけです。

ご家族について

夫:勤務地が車で片道1時間かかる場所にあるため、早朝に起床し、支度の他食事作りやゴミ出し、食器洗いなどの家事をできるだけ行って出勤している。帰宅は子どもの入浴時間を遅らせないよう、遅くとも午後7時までにしている。子どもを入浴させ、寝かしつけるため、午後9時頃には就寝する。家事や仕事のバランスによって、起床時刻が5時や4時になるなど、大きく前後することがある。
妻:家事と片付けがあまり得意ではないけれど、できていないことがストレスに感じてしまうため、無理に頑張りすぎてしまうことがある。外に出かけるよりも家でゆっくり過ごすのが好き。
第一子:男の子なんじゃないかと思うほど元気いっぱいの娘。しょっちゅう走り回っている。
第二子:来年出産予定。

家づくりのこだわり

・今の家がすごく寒いので、暖かい家に住みたい。
・共働きでも楽に生活できるようにしたい。
・片づけが苦手なので、片づけやすい家にしたい。
・老後のことも考え、なるべく1階で生活の大部分が過ごせ、2階は寝る部屋という感じにしたい。
・子どもが帰ってからすぐ手を洗いやすいように、玄関と洗面所を近づけるか、玄関付近に手洗い場を設けたい。
・LDKは20畳くらいに抑えたままで、ダイニングの収納とリビングのゆとりを確保しつつ、キッチンに二人で立っても狭すぎない広さも欲しい。
・家で過ごすのが好きなので、リビングは快適にくつろげるようにしたい。
・ダイニングは日当たりを良くして、子どもたちには朝日を浴びながら朝食を食べて欲しい。
・キッチンに立ちながら子どもの勉強を見守れるように、キッチンカウンター(高さや光の確保が少し心配)かダイニングにカウンターを作りたい。
・キッチンから子どもの様子を見たいが、リビングに通す親しいお客さんの目にはキッチンをあまり目立たせたくない。常にきれいにできる自信がない。
・北道路なので、人から見える面が微妙になりやすいが、ある程度かっこよくしたい。
・駐車場はカーポートをつけて並列で2台と自転車、子どもが運転するようになった時や客用に1台は置けるようにスペースを取りたい。

 

プレミアム動画間取り診断に参加したきっかけと理由

建築士の資格がない営業さんが間取りを作って、最終的に外注の建築士にチェックをしてもらって建てるという工務店との契約をする予定でいるのですが、間取り作成に不安があったため、間取り診断をしてもらおうかと思って、インターネットで検索しました。他と比べると金額が高いかなと思いましたが、分かりやすそうだし、アフターサービスがあるようだったので、依頼しました。

 

インテリアパース

間取り診断で使用したパースを紹介いたします。

日当たり診断

玄関

 

 

リビング

 

 

キッチン

 

 

 

ダイニング

 

 

 

 

関連記事